うつ病を正しく理解する|症状と原因を知ろう

睡眠との関係性

聴診器

2009年に世界18ヵ国の睡眠時間を比較してみたところ、日本は特に睡眠時間が短い国であることが判明しました。また、別の調査では夜10時までに寝る人の数が昔は7割いたのに、現在では3割にまで減少しているとのデータも出ています。こういった事から、日本人の睡眠時間が明らかに短くなっていることが分かります。これにはライフスタイルの変化などの色々な要因も関係していますが、中には病気が関係していることもあります。その病気の中には、心の病気の代表でもあるうつ病も含まれています。うつ病と睡眠時間にはどのような関係があるのか見てみましょう。

うつ病の症状と言えば、何もやる気が起こらない無気力な状態であったり、些細なことで自分を責めてしまう症状が有名です。そのほかにも代表的な症状と言えば、睡眠障害になります。うつ病の睡眠障害は大きく分けて次の2種類に分けることが可能になっています。まず、1つ目が不眠症です。とある調査では日本は成人の20人に1人が睡眠薬を服用しており、不眠に悩む人が多いです。不眠症の場合は眠ろうとしてもなかなか寝付くことが出来ずに、入眠の時間が遅くなった結果として睡眠時間が短くなってしまいます。また、眠ることは出来るけど翌朝にスッキリと目覚めることが出来ない、ゆっくりと眠れないというような睡眠障害もあります。この場合は、睡眠薬や睡眠導入剤を服用することで眠ることは可能ですが、薬に頼ってばかりいると効き目がなくなってきたり、依存してしまう可能性が高いです。最近では依存性の低い睡眠薬も開発されているため、昔と比較しても心配は少なくなってきていますが、常用しないように注意が必要になります。次に早朝覚醒があります。これはその名の通りに、朝早くに目が覚めてしまうことを言います。本来起きようと思っていた時間よりも早く目覚めてしまうので、睡眠不足に繋がってしまいます。また、早朝覚醒の場合は起きてから行動するまでに時間があるので、眠れなったことに対するネガティブな思考を持ってしまい、執拗に自分を責めてしまう傾向があります。このような施行はうつ病を悪化させてしまう要因にもあるので、不眠よりも深刻な問題として捉えられることが多いです。不眠と同様に、この早朝覚醒も睡眠薬や睡眠導入剤による処置が一般的になります。なお、このような睡眠障害の症状が見られる場合は、うつ病を疑ってみましょう。うつ病と睡眠は深くつながっており、切っても切れない関係になります。うつ病を早期発見するためにも日頃の睡眠状況も確認しておくことが大切ですよ。