うつ病を正しく理解する|症状と原因を知ろう

食事でうつ病を緩和させる

メンズ

食事を摂る際に食材をどう食べるかによって、うつ病の症状などを緩和してストレスに耐える力を養うことが出来ます。ごはんを食べることは、生物として人間の最も大切な本能の1つになります。食事は毎日摂取するのは当たり前ですが、非常に重要な生活習慣です。「何を食べるか」「どう食べるか」の2点の要素で、人間の肉体と精神が構成されていると言っても過言ではありません。うつ病は症状などが重症化してしまうと、食事を楽しむことが出来なくなります。本野的な欲求が弱くなると、食欲がなくなるのも普通でしょう。そのため、うつ病を発症してしまうと、感覚も鈍くなりがちで食事の際に美味しさを感じることがなくなり、何を口にしても味が感じられなくなります。うつ病が食事に影響を与える典型的な症状でしょう。逆を言えば、食事の内容によっても、うつ病の症状によっても大きな影響を与えると言われています。食べ物や食べ方は脳の生理的な機能や精神的な活動、感情、情緒と深い関係があります。その結果、うつ病は食事を変化させることで、改善する可能性が高くなります。

うつ病を治す食事について、精神医学や栄養学、脳科学、心理学などの様々な分野において研究が進められています。そこで、うつ病に良いとされている食事や栄養素を見てみましょう。まず、ビタミンがあります。ナイアシンやビタミンB6、亜鉛といった栄養素はセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝物質を合成する過程に欠かせない存在であり、不足するとうつ病などの症状を引き起こしてしまうでしょう。ビタミンB6は基本的に魚やバナナ、ニンニク、ショウガなどに多く含まれています。次にミネラルがあります。上のビタミンと同様にミネラルが不足していると、うつ病の危険性が非常に高くなるとのことが判明しています。ミネラルは亜鉛と鉄分から摂取することが出来るので、積極的に摂取していきましょう。そして、うつ病の方には一部の栄養素が不足していると指摘されていますが、その中の1つが必須アミノ酸のトリプトファンとなっています。実は日本人のほとんどはトリプトファンの摂取不足と言われています。そのため、トリプトファンは意識して摂取することが重要です。納豆や豆腐、バナナなどを食べるようにしましょう。うつ病の治療では薬物療法も大切ですが、人間が生きる上で最も大切な事は食事になるので、規則正しい食生活と栄養バランスを意識しましょう。